品質・生産管理

品質管理

「品質は工程で造り込む」「後工程に不良は流さない」という考えは、青山製作所の工程別品質管理体制の基本理念です。各所に施されたポカヨケ装置とオペレーターの確かな目が、青山製作所の品質を支えています。

  1. 伸線
  2. 圧造
  3. 転造
  4. 熱処理
  5. 表面処理
  6. 出荷

伸線

鉄鋼メーカーから購入した線材を、製品加工に最適なサイズにするための工程です。全ての線材に対し厳密な材料検査を実施しています。

火花試験 引張り実験

圧造

線材からボルトの頭部及び軸部を成形する工程です。ポカヨケ装置や各種品質チェックにより品質管理を実施しています。

型欠け検知器 頭部打撃試験

転造

圧造工程で造った軸部にねじ山を成形する工程です。座金付ボルトの場合はここで座金を組み込みます。圧造工程同様の品質管理を実施しています。

ワッシャ欠品検知器 ゲージチェック

熱処理

ボルトに焼入れ・焼戻しを行い、規定の強度にするための工程です。強度はボルトの重要な特性であり、全ロットで硬度検査を実施しています。

硬さ試験 熱処理条件管理

表面処理

ボルトにめっきを施す工程です。規定の防錆性能を満たすために製品毎に最適なめっき条件を定め、自動で条件管理をしています。

A-PICSかんばんによる条件入力 耐食性試験

出荷

お客様に製品を出荷する工程です。必要な量・納期で間違いない製品を出荷するために1箱毎に製品照合を実施しています。

自動入出庫装置 バーコード照合
そして全世界のお客様へ