CSR情報

安全衛生への取り組み

安全衛生理念

(株)青山製作所は、従業員が健康で明るく仕事ができるように、安全で災害のない職場作りの為、企業活動を通じて労働安全衛生リスクを低減します。

安全衛生指針

  1. 1社員が健康に活き活きと働くために、全てにおいて安全と健康を優先します。
  2. 2安全ルールを守り、お互いに注意し合える職場風土をつくります。
  3. 3『安全第一』で、けがをしない・させない職場をつくります。
  4. 4会社は、社員が自らの心と身体の健康づくりに積極的に取り組むことを支援します。

安全人間つくり

1

安全人間つくり

KY活動,ヒヤリハット提案活動を通じて一人ひとりの危険に対する 感受性を高め、けがを未然防止する取り組みを行っています。

2

安全専念時間の導入

安全な職場をつくる為、毎週火曜日10:00~1時間、工場の全職制が構内を巡回し、現場や作業者の不安全行動などの有無を確認し、指導・改善していく活動を行っています。

3

安全な職場つくり

社長,安全担当役員により、「安全トップ点検」を行い、現場の声聞き改善を行い、働きやすい職場環境つくりに努めています。

安全な職場つくり

活動内容

体

社員がいつまでも良いコンディションで元気に働くことができるようスポーツクラブと法人契約や『健康づくりキャンペーン』などを通して適度に社内の運動できる環境を整えています。

体
食

『バランスの良い食生活』は健康な体づくりの基本です。社内食堂では、様々なメニューをカフェテリア方式で選んで食べることができます。なかでも、「栄養バランスよく食べて健康になる」をモットーとしたヘルシー御膳や食べ放題のサラダバーが大人気です。

食
心

従業員支援プログラム(EAP)を取り入れ、専門スタッフ(産業医・看護師)のもと健康管理室や健康相談室を設置し、誰でも気軽に相談できる体制を「社員の心の健康」をサポートしています。管理監督者には、部下への接し方や対応に関する勉強会を行い、全社で『心の健康づくり』に取り組んでいます。

心

青山製作所 『健康宣言』

(株)青山製作所は、人間尊重の理念のもと、社員のこころと身体の健康こそが、働きがいと企業の活性化につながると考えます。「良き企業市民」として、社員一人ひとりが活き活きと活躍できるよう『健康経営』に全力で取り組み、「四方よし!」の精神で、地域の皆様と共に発展していくことを宣言します。

  1. 1社員の安全と健康の確保を企業の社会的責任と考え、何よりも優先する事業活動を行います。
  2. 2社員が心身ともに健康で生き生きと働くことができるよう、安心して働ける職場環境を永続的に維持・改善していきます。
  3. 3健康保険組合と協力し、社員の健康管理及び健康増進のサポート充実を図り、心身ともに健康な人づくりを推進します。

2020年5月28日
株式会社青山製作所
代表取締役社長

青山幸義